関連サイト

sij8ショップ一覧


ナール超音波だけでは方法ような結果が得られません

ナール超音波を照射した後にも、全く運動しなかったら、ほとんど意味がありません。ナール超音波を使った後、しばらく時間が経過すると元の状態に戻ってしまいます。ナール超音波の機能を十分実感していただくためには、ナール超音波をご利用いただいた後、できる限りすぐに運動を始めてください。(ナール超音波照射後70分以内)
EMS機能付きのナール超音波なら、運動する必要はありません。ナール超音波おもりをいただくのと同時にEMS機能を使うことによって、ナール超音波と運動を組み合わせた結果が得られます。

ナール超音波を使うのに最適な時間

食事の前にナール超音波おもりをいただくのが最適と言われています。食事を食べる前にナール超音波とEMS機能を利用いただくと、気持ちも、「あまり食事を食べ過ぎてはいけない。」と気持ちが引き締まるかもしれません。 せっかくナール超音波とEMS機能をご利用いただいても、食事を食べ過ぎてしまったらやせることは不可能です。
ナール超音波の良さを実感していただくには、ナール超音波の照射だけではなく、運動や、カロリーコントロール、ストレスコントロールなどにも気をつけましょう。

ナール超音波とは

ナール超音波は周波数517kHz、強さ110mW/c㎡の特殊な微弱電波のことです。この特殊な微弱超電波ナール超音波が、大変役に立ちます。ナール超音波は世界特許を取得し、日本だけではなく、中国、韓国、アメリカでも特許を取得しています。 ナール超音波は微弱な超電波のため、体の組織を痛める危険性はありません。また、低温火傷してしまう可能性もありません。特許を取得し、世界で認められている技術なので、ナール超音波は安心してご利用いただけます。

ナール超音波の安全性

ナール超音波はアメリカの食品医薬品局が提示した安全基準をクリアしました。米国食品医薬品局は世界でも最も危険があると言われているアメリカの政府機関です。 超音波の安全性や、血液成分への安全性などさまざまな面でチェックを受け、その安全性が確認されています。
日本特許番号3416909


ナール超音波はロングセラー商品であり、特許を取得した技術です。さらに安全性も確認され、発売以来長い期間高い人気を維持しています。

科学的根拠と技術に支えられている

ナール超音波を開発した人は三輪博秀氏です。三輪博秀氏は東京帝国大学(現在の東京大学)で工学博士号を取得した工学博士です。三輪博秀氏は、超音波を利用した方法に注目し、今までの方法では不可能と言われていたことを、理論上、可能にしました。 日本だけではなく、アメリカ、中国、韓国でも特許を取得し、信頼性の高い技術となっています。ナール超音波は様々な研究室や、実験センターなどから協力していただき開発されています。

株式会社エムロック 代表取締役 中道唱力オーナー兼会長 戸矢崎由里子