エムロックエムロックエムロック

アルファ波 α波で目標達成への近道は、確固たる意志と明確な目標設定


SBDPコンサルティング
無料実施のお知らせ
能力開発・自己啓発などに対する疑問、目標の決め方などお悩みのことがありましたら、お気軽にご相談ください。



フリーダイヤル(無料)


sij8ショップ一覧



スポーツ・ビジネス・学問など、どこの世界でも「天才」と呼ばれる、超一流の人たちがいます。その人たちの共通点はおそらく次の通りです。


いかなる場面でも高い集中力を発揮する。
いつでも冷静で、自分の信念をしっかりもっている。
目標が明確で妥協せず、必ず達成する。
常に安定した高い実力を発揮できる。
常に自己の能力を開発し、常に進化し続ける。
逆境やここ一番という時、必ず結果を出す。


ここまで並べると一般の人には、なかなか当てはまらないような「要素」で、その人の持って生まれた資質のように考えてします。

しかし、あなたの中にも「天才」が存在します。そのカギとなるのが脳波(ミッドα)です。

下表のように人の脳波は「α(アルファ)波」「β(ベータ)波」「θ(シータ)波」と大きく分けられます。さらにα波は3種類に分かれています。

周波数 脳波の種類 緊張度 集中度 意識と活動脳 活動領域
13Hz〜 β波 緊張 分散 意識していて左脳が全開 日常生活の領域
11Hz〜13Hz α波(α3) ややリラックス 集中 意識していてやや右脳が活動 落ち着いた人の活動領域
9Hz〜11Hz α波(ミッドα) リラックス 超集中 意識していて右脳が全開 超一流選手や天才の活動領域
7Hz〜9Hz α波(α1) リラックス うとうと やや意識して右脳が全開 眠りかけ
〜7Hz θ波 リラックス 無意識で右脳が全開 こん睡状態



まん中のα波をミッドαと呼び、この脳波になった時は誰でもリラックスしながら超集中状態にあり最高の実力を発揮できるのです。

「天才」とか「超一流」と呼ばれる人たちは、いかなる場面でもミッドαの脳波が出るように意識的または無意識に自分を鍛えています。その結果、常に安定して最高の実力を発揮しさらに進化しつづけることができるのです。


ではどうすればそのような状態になれるのでしょうか。




「いつもイライラしている人」または「いつも落ち着いている人」どちらのタイプも、よほどの事がない限り曜日や時間帯でころころ性格が変わったりしません。なぜかというと脳波は習慣に支配されているからです。ですから今までβ波中心の人は、新しくミッドα波中心の習慣に変えることで仕事や勉強などの能力は驚く程アップしま
す。





α波は人それぞれ固有の脳波です。自分に合わないリズムやあらかじめ設定された周波数ではあまり効果がありません。α波を増強するには、まず自分の脳波をキャッチし増幅する「光フィードバック方式」でα波を誘導します。



五種類の脳波β波、α1、α2(ミッド)、α3、、θ波をそれぞれの強さを正確に測定します。脳波測定器は正確さが要求されますので、一般的に大学の研究室や病院でしようされているFM515を使用します。



「ミッドαがどれくらい多く出せるようになったか?」を様々な角度で解析します。 詳しくは脳波解析ページを御覧ください。



最も良い脳波を常に保存し、光フィードバックで再現させ、そのレベルを日々進化させることができます。



ミッドαの状態で「仕事、勉強やスポーツの活動時における「最高のパフォーマンス」や「目標達成状況」をイメージします。潜在脳にインプットされたイメージとミッドαがリンクして、活動時(仕事中、勉強中)にも最高の脳波が出せるようになります。


自分の頭に自信がでるとピンチになっても慌てず騒がずあきらめず、必ず事態を逆転させるアイディアを出す事ができます。

しかし、自分の頭に自信がないと、いくら考えても良いアイディアが出ず、やはり諦めが入ります。

実際、ピンチになって打開策を考えたり、何らかのアイディアを考えようとするとき「何とかしなくては」と焦りが働き、肩に力が入り脳波はβ波になります。

β波になると自分の考えが普通に及ぶ範囲でしか思考を行わず結局、打開策には至りません。

β波→「顕在意識」→左脳「日常に使用する情報」

α波→「潜在意識」→右脳「膨大な情報(左脳の100万倍)」

意識には顕在意識と潜在意識があり、顕在意識はいつも私たちがアクセスしている意識層で、左脳に対応しています。

左脳は記憶容量が小さいので、いつも使用している少ない情報の中で意識し、アイディアを考えても当たり前の「考え」しか浮かばず、突拍子もないアイディアや起死回生の打開策は浮かびようがありません。

一方、潜在意識は私たちが眠っているときにアクセスしている意識層で、右脳に対応しています。眠っている時の意識ですから起きている時はアクセス不可能ですが、脳波がミッドαとなり、十分リラックスして超集中状態になるときだけ、起きていながらアクセスできるのです。

右脳には今まで記憶した莫大な情報があり「答えを出そう」とあせらなくても、自然に最高のアイディアや起死回生の打開策が生まれます。

人が思いもつかいないアイディアで資産を築いている、たくさんの発明家が「アイディアは瞑想中にでる」と言っています。

偉大な科学者が我々と違うのは「脳」そのものではなく、考える時に出る「脳波」なのです。

ミッドαを常に出せるようにトレーニングすれば、誰もが自由に潜在意識にアクセスし、アイディアの宝庫である右脳から情報やアイディアを引き出せる事ができます。

SBDP トップ コース案内 商品詳細 Q&A 体験談 成功ノウハウ イメージ ミッドα波 右脳開発 高速音声 お問合せ ご注文
自己啓発成功プログラムSBDP
株式会社 エムロック 〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー8F
電話:   ファックス:   メール: 
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます。Copyrights(C) Mrock inc. All rights reserved
Self Brain Development Program.

株式会社エムロック 代表取締役 中道唱力オーナー兼会長 戸矢崎由里子