コンデンス除湿機は優れた乾燥能力

コンデンス除湿機は、除湿の原理から違う

除湿方法、除湿方式から違うので、コンデンス除湿機は他の除湿機には真似できないような優れた除湿能力を持っています。
除湿機の専門メーカー、カンキョー独自の技術によって作られた機器です。
通常のコンプレッサー式の除湿機の場合、室内の湿度環境や室温などによって除湿能率が大きく変ってしまいます。

気温が高く、空気中に含まれる水蒸気量が多い場合には、コンプレッサー式除湿機の除湿能力は高くなります。逆に水蒸気の量が少なく、気温が低い場合には、除湿能率が著しく落ちるのがコンプレッサー式除湿機の特長です。

コンデンス除湿機は、除湿能率をあまり左右されない!

環境によってあまり除湿能率を左右されないのがコンデンス除湿機の優れた特長です。
気温が低くてもあまり関係なく高い除湿能率を維持できる。だからこそ、冬場の結露防止や、冬場の寒い環境でも湿度を落すことができます。

冬に洗濯物を部屋干しするときにも、コンデンス除湿機乾燥機があれば、室内も衣類もまとめてカラカラに乾かしてくれます。

コンプレッサー式除湿機のデメリットを対応した、コンデンス除湿機

コンデンス除湿機は稼動音が静かなのに、非常に除湿能力が高い!
コンデンス除湿機の原理を少しだけ説明します。除湿機に吸い込まれた空気は、一度暖められます。その後に熱交換によって一挙に冷やし結露く作ります。
吸い込んだ空気を一度暖めてから冷やす方式なので、室内の気温にあまり左右されず湿度をとることが可能です。

ここまで能率良く、大量の水分を吸い取ってくれるので、コンデンス除湿機業務用の除湿機として使っても良いかもしれません。

悪天候に除湿機があれば安心

天気が悪くても、雨の日が続いても除湿機があれば安心。毎日が洗濯日和!
コンデンス除湿機があれば、どんなに天気が悪い日にでも洗濯物を乾燥させることが可能です。
除湿機があれば天気を気にすることなく、いつでも洗濯ができること。これはとても大きなメリットです。

押し入れに除湿機を置く人や、地下室に除湿機を置く人など、湿度の溜まりやすい場所で除湿機を使っている人がいます。
それだけでなく、洗濯物を乾かすのに除湿機をつかったり、室内全体を除湿乾燥するのにも除湿機は使えます。

コンデンス除湿機で衣類を乾かす

除湿機で除湿された空気で洗濯ものを乾かしている人がいるのですが、除湿機の使い方によってもかわります。
コンデンス除湿機の排気口の空気を上手く衣類に当てることによって、能率の良い衣類乾燥が行えます。

除湿機とカビ

湿度が高い環境には、カビがいっぱい!
除湿機を使って適切に湿度を下げましょう。除湿機を使い、空気中の水蒸気量を減らしましょう。
湿度が多い環境にカビやダニ、雑菌などが繁殖してしまいますので、除湿機でカビの対策をしている人がいます。

湿度が高いと水虫感染率アップ!?

除湿機で水虫対策もできてしまうという話があります。
水虫をご存知でしょうか。よく、足の裏が痒い人は水虫に感染していると言われています。
水虫に感染してしまった足は非常に臭く、頻繁に足が痒くなってしまいます。そして、なかなか治りが遅く、厄介な感染症と言われています。

水虫の原因は白癬菌

白癬菌はカビの一種らしいです。除湿機などで対策せずカビを放置していて、白癬菌が足に付着してしまうと水虫になってしまうと言われています。
菌、カビなどは、湿度が高く、暖かい環境で活発に活動・繁殖してしまいますので除湿機で対策をしている人がいます。
日本は湿度が高い気候なので、除湿機などで湿度対策をしないでいるとカビや雑菌の悪影響を受けてしまいます。

コンデンス除湿機のメリット

株式会社エムロック 代表取締役 中道唱力オーナー兼会長 戸矢崎由里子